美白になるなら美容液で集中ケアしよう!知っておきたい成分とは?

2016年04月24日美白になるなら美容液で集中ケアしよう!知っておきたい成分とは? はコメントを受け付けていません。

ハイドロキノン配合の美容液を使う

年齢とともに気になってくるのしみやくすみですよね。透明感のある肌は美しいため美白を目指す女性も多いのですよ。しみやくすみが目立った肌に透明感を戻すためには、通常の化粧水と乳液だけでなく美容液で集中的にケアする必要があります。美白効果のある成分を知れば美容液も選びやすくなるのです。美白成分の1つにハイドロキノンがあります。この成分はしみの原因となるメラニン色素をつくる細胞を減少させる効果があるのですよ。

ビタミンC誘導体で肌の奥まで浸透させる

美白効果が高い美容液を使うことによって、しみやくすみの目立たない透明感のある肌を手に入れることができます。美白成分には様々な種類がありますがその中でも有名なのがビタミンCです。しかしビタミンCは実は浸透しにくい成分のため最近では浸透力の高いビタミンC誘導体が美容液に利用されているのです。しっかりと肌に浸透することによってメラニン色素ができるのを邪魔してくれるため、しみをできにくくしてくれるのですよ。

プラセンタで新陳代謝を高めよう

美白になるためには美容液で集中的にケアする必要があります。美白効果が高い成分にはプラセンタがあります。プラセンタはエイジングケアにとても効果的な成分ですが美白効果も高いのですよ。新陳代謝を高めてくれるため肌に残ったメラニン色素を排出させてくれるのです。それによって美白効果を手に入れることができるのです。このように美白効果のある成分は沢山あるのです。美容液にはこれらの成分がぎゅっと濃縮されているため少しつけるだけでも高い効果を得ることができるのですよ。

お風呂上り、まずは化粧水で保湿をします。そのあと乳液で水分を閉じ込め、整ったお肌に美容液をのせます。最後にクリームやオイルで蓋をして、しっとりお肌を保ちましょう。